Google

育児をする楽しさは今だけ

仕事と育児を両方こなすパワフルな方がいることでしょう。充実した毎日を送るためにどちらも必要になるものであり、ともすればそれらを両立する自分のことを自画自賛することがあると思います。

また、大変だと思われることを見事にこなしているわけですし、誰かにそのことを認めてほしいと思うことも考えられますよね。「我が子の成長が見られるならば、仕事の疲れなんて吹き飛ぶ」とおっしゃる方が少なくないと思い、育児と共にある日常に生かされていると感じることが多々あると思うのです。
甘えん坊な我が子の面倒を見ている方は、「ああ、子供ってこんなにも可愛いものなのね。くうう、我が子のほっぺをつんつんしたり頬ずりしたくなっちゃうじゃない!」と感じているかもしれません。子供に何一つ不自由させたくないという想いから、仕事をこなして、ちゃんとした稼ぎで子供に尽くそうとする親心を感じさせます。

育児をする親として当然な心構えではないかと思い、まるで自分のことのように、否、自分の分身に慈しみを持って接することは、親としての義務感から溢れ出る愛情なのです。育児をすることで、我が子の日々の成長を見守る楽しさを実感していき、子供を産んで本当に良かったと心から思うようになるのではないでしょうか。育児を通して我が子とのスキンシップを図る方がいると思い、「がおー、食べちゃうぞー」といったやり取りをする場合があるかもしれませんよね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です