Google

天使の微笑みに魅せられて

専門学校では、保育士になるためのコースが設けられており、子どもが好きな方にとって考慮すべき選択肢だと感じます。
仕事の選択肢は、生き方の選択肢のようにも思えます。
こんなにも、充実した世の中になるなんて、団塊の世代で生きてきた親たちのおかげかもしれませんね。

いつの日か子どもと触れ合っている自分の姿が保育園に存在しているはずだと信じながら、保育士の資格取得に本腰を入れていく方がいると思うのです。子どもはいずれ大人となり、次世代の日本を担う貴重な人材として羽ばたくため、保育士は子どもに大切な接し方をしていくべきであり、人生の先輩である自分が子どもたちに大勢のグループでワイワイ楽しくはしゃぐことの楽しさを伝えていくべきだと思います。

少子化社会でありながら、子どもと接する仕事が医歯薬業界にあることでホッと胸を撫で下ろす方がいることでしょう。子どもと関わることを生きがいに感じている方にとって、保育士が天職となるのが窺えて、保育士が子どもの健やかな表情を見るにつけて、どんどん癒されていくような感覚を覚えるのではないでしょうか。まるで子どもが天使に見えてくるかもしれませんし、その天使を守っていくのが保育士の務めだと感じるようになると思うのです。

子どもとは、往々にして可愛さを感じさせるものであり、その可愛さに裏表を感じさせない純粋さが窺えます。だからこそ子どもの魅力に引き込まれていく方が少なくないと考えられて、抱きしめたくなるほどの子どものいじらしさに思わず手を差し伸べたくなると思うのです。子どもと接することで、新たな世界が開けてくるかもしれませんよね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です